くまのドイツ奇行2 -3-

このページ、写真多いです・・・


やってきました、ニュルブルクリング
走るにはまず、ここでチケット(一周14ユーロ)を購入します

まだ、オープン前なので待ってます
左の古いベントレーもコースインしていきました・・・

新しい5シリーズもこれ見よがしに置いてありましが、個人的には・・・

ゲート近くのレストハウス
中で普通にお酒が売ってて、走り終えた人がプハーッってやってました(汗)

コレがチケット裏表です。
記念に持って帰ろうと思いましたが、走ってしまいました(^_^.)

ミュル名物リングタクシー
ニュル24Hのレーシングドライバーが操るM5に乗せてもらえます

コレがリングタクシー・・・
私も乗りたかったのですが、予約がかなり入ってるらしいです

ゲートオープン間近、みんななだれ込んでます

こんな車で入る人も居ましたがさすがにゲートで
拒否されてました・・・

バイク乗りは本気な方が多く怖かったです

他にF40も居ました
話しかけてきた人がボディー触ったら「触るな!」って言ってました(^_^.)

イケイケのゴルフです。
R32ベースなのかV6の音がしてました。

かと思えばこんなふつーな車でファミリードライブな方も居ます

コース出口で火災発生!

タイミングベルト付近から出荷したらしくベルト類、吸気系、ブレーキが
焼けただれてました・・・コレも自己責任です。

焼けた車の隣にRS4を発見

スグにコースインしました

チケットを買ったらこのゲートに入れて
あっけなくコースインできます。驚きです。

こんなんでサーキットまで自走してくる
熱い人も大勢います

さて、いよいよコースイン!
メインストレートです

まずは慣熟走行のため、ぐっとガマンです

バイクをパスさせるのに神経を使います

抜かれると段々とアクセルに力が・・・

ガラガラのコーナーもたくさん♪

アップダウンが激しいです

この先が直角なコーナーでびっくりしました

ディアブロVTにあっさり抜かれて・・・

RS4にも・・・

サーキットを走るAUDIのSはすごいかっこいい音でした

ちょっと追っかけてみましたが2.5のディーゼルでは・・・

また上りです

そしてスグに下り

助手席のカメラマンも余裕がなくなってきました

また上りで・・・

下り・・・

さらに下って、また上り

ここで、荷物を積んだままなのを思い出し、ペースダウン。。。

コースがクリアなので、踏みたいのですが・・・

またきついコーナーです

カメラマン、ちょっと余裕か?

途中にギャラリーコーナーが結構あり
ついつい力が入ってしまいます

それにしても、長い・・・

久々にバイクにパスされました

力が入ってきたようです

カメラマンの余裕が・・・

段々・・・

なくなってきているようで・・・

コーナーの立ち上がりで全開です

後ろから速い車が来たので譲ると・・・

M3でした

再びペースダウン

あっという間に離されてしまいます

ようやく最後のストレート

さすがに速度感ないです

最高で220キロほど出てたかな?

出口はストレートの真ん中なので注意を・・・

デロリアンも走りにきてました

コレはXタイプのRです

フェラーリにロータスエリーゼ

ようやくVOLVO発見

暗黒ポルシェ軍団、団子になってすごい勢いで走ってました

走行を終えて、昼食のため近くのレストランに・・・

ニュルブルク城のスグ隣でした
暑いので見学は断念・・・

パスタランチを注文、結構美味でした

景色のいい席なのですが、エンジン音がうるさいです
この付近の住民はよほど好きでないと持ちません^_^;

サーキットを離れて途中の小さな街へ入ってみました

どの集落にも必ず教会があります

街のはずれで記念撮影
サーキット走行のせいでタイヤが溶けてました(汗)

ニュルその後・・・
結局最後に荷物をすべて降ろして一人で2週走ってみましたが
DSC(横滑り補助装置)をOFFにしても懐が深く自由にコントールが利くのはさすがBMW
といったところでしょうか・・・タイヤが溶けたのは翌日にはわからなくなりました(^_^.)
途中でオペルカリブラとコルベットとジャガーXKにマセラティをパスしましたが
オペル以外は戦意喪失による為なのは言うまでもありません(笑)

NEXT